左ききのエレンを最終回まで見た感想!神尾楓珠と池田エライザ、クズな演技がハマってる!

左利きのエレン, ドラマ, 神尾楓珠, 池田エライザ

左ききのエレンはリアタイ視聴ではありませんでしたが、神尾楓珠さんの主演ドラマということで一気見しました。

最初はあまり期待してなかったのですが、結論としては見て良かったです。

池田エライザさんの魅力がバッチリ伝わってくる作品になってたかなと思います!

ハマり役だった!

正直言うとリアタイ視聴しなかったのは、実は池田エライザさんに少し抵抗があったからです。

過去作品でもAUのCMでも、あまりパッとした印象がなかったのでどーしようかな…的なw

よく数字持ってる女優…なんていう活字を目にしますが、わたしの中では池田エライザさんは「もってない女優」だったんですよね…すいません。

でもこの作品を1話から最終回まで見て、池田エライザさんの演技いいな~と思いましたから、これも一つの収穫ですね。

で、せっかく見たので感想記事を残そうと思います。

Sponsored Link

池田エライザのだるそうな演技がよかった

池田エライザ, 左利きのエレン, ドラマ, 演技

このドラマの出来は絵恋の「天才であるが故に社会人としての常識がない」振る舞いのリアリティにかかってる訳なんですが、池田エライザさんのいつも満たされていないようなだるい表情の演技が凄く良かったです。

基本お菓子をだるそうに食べてるか、だるそうに飯食ってるかwww椅子の座り方も女子なのに脚をおっきくひろげて「ドカン座り」

キャンバスに対面する時は必ず左脚を一段上のなにかに引っ掛ける…とか、左利きなので食事したり絵を書いたりすると、左側のフーディがずり落ちてしまう…とかね、セリフが極端に少ない演技の中で絵恋という女性の性格を丁寧に発信していて、絵は抜群に上手いけど、マナーとか女の子らしさとか、一般社会常識とか、そういうの全部知らないんです、絵恋っていう女の子は…っていう情報が演技から伝わってきました、ちゃんと。

ようは絵は上手いけど、それ以外はクズ…っていう雰囲気がよくでてました。

でもちょっと出番が少なかったな~と思います。

一番物足りなかったのは、ドラマの作中で絵恋の作品が世界的に評価されたりその圧倒的な才能がネットで取り上げられたり…っていうような世間的な彼女の才能の認知がなかったことですかね。

天才だっていう設定でお話が進んでいきますが、才能の認知がないためにイマイチ視聴者側としては絵恋の才能に感情移入しづらかったです。

だから池田エライザさんの演技の方がめだっちゃうんですね。

以前俳優の中野太賀さんと池田エライザさんが復縁しているのでは?っていう下らない記事を書いたことがあって、池田エライザの記事書くのはこれが2回目なんですが…

実写版「左ききのエレン」見て良かったな、の一番の理由が池田エライザさんの演技が楽しめた事ですね。

Sponsored Link

 

神尾楓珠のファンは朝倉が闇落ちする7話まで我慢して見ろ!

わたしはテレ東の深夜ドラマ「恋のツキ」をリアタイ視聴していたので、その時から神尾楓珠さんは知ってます。

あのレベルのイケメンで演技上手いっていうのは貴重ですよね!

 

 

同じく俳優をされている柳楽優弥さんに似ているのでは?と言われてますけど、確かにけっこう似てるよネ。

 

 

1話からしばらくは広告代理店でひたすら報われない仕事に埋没する朝倉を演じるわけですが、こっちの朝倉は…正直つまらなかったwww

毎日頑張る朝倉君!がこのドラマが見せたい「テーマ」なんだとしたら納得なんですが、このドラマのタイトルは「左ききのエレン」だし、凡人と天才の決定的な差に苦悩する凡人君を見せたいなら、かなり弱いですよ…だって天才が全然でてこないもん!

7話で上司が変わってボロクソ言われて、それでも歯を食いしばって1年半がんばっちゃったらこんなんなっちゃいました…っていう闇落ち後のラスト3話はかなり面白いです!

天才カメラマンや、天才モデル…世界のトップオブトップたちが朝倉の前に現れ、むき出しの感性でサラリーマンを苦しめますwww(これ、リアルよ)

そして闇落ち以後の神尾楓珠さんの仕事はできるけどそれ以外はクズなデザイナーの演技の方が好感待てました。

まるで別人ですから、神尾楓珠さんやっぱりいい俳優さんだなと思いましたよ。

こっから最終回の10話まではぐっと作品にのめり込めました。

絵恋もNYから横浜に帰ってきたしね、絵恋と朝倉、会わな過ぎ…もっと恋愛要素ほしかった…

神尾楓珠さんのファンの方は7話まで見ると、また違った展開がスタートするのでがんばって7話まで見ましょう!

Sponsored Link

実写版「左ききのエレン」見た感想まとめ 今泉佑唯もよかったな

30分前に見終わった作品だから、まだ記憶に熱があるうちに書いちゃいます。

タイトルが「左ききのエレン」なんだから、もう少し池田エライザさん演じる絵恋の出番が欲しかったです。

また、彼女の才能が爆発するシーンや世間で大絶賛されて朝倉がさらに苦悩するシーンとか…

もっというと、朝倉と絵恋が会わな過ぎwww

広告のコンペの入札のライバル会社が絵恋を起用して朝倉に圧倒的な「才能の違いを見せつける」的な展開とか、簡単なアイディアで恐縮だけど朝倉と絵恋がもっと交錯するシーンが見たかったな。

恋愛要素もゼロだったしね…せっかく神尾楓珠さんと池田エライザさんで制作してるんだし、ちょっとは恋愛要素があってほしかったな…

原作の漫画を読んだことないので、そっちがどうなっているのか知りませんがドラマ版は朝倉と絵恋、なにも起きませんよwww

最後に、欅坂46を卒業して演技のお仕事を始めた今泉佑唯さんも朝倉の同僚役で出演してましたね。

「恋のツキ」でも神尾楓珠さんと共演していたのですが、その時と比べてだいぶ大人っぽくなったな~と思いながら見てました。

元アイドルでもいい女優さんっているんですよね~(一部ですが)

この記事終わりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です