花田景子の若い頃と現在の活躍について&デキ婚報道の真相も!

花田景子

貴乃花親方の奥さんの花田景子さんっていますよね。

実は花田景子さんって昔はフジテレビの花形アナウンサーだったんですよね。

お亡くなりになった有賀さつきさんと八木亜希子さんとそして花田景子さんの3人でフジテレビの看板女子アナとして絶大な人気を誇りました。

花田景子さんの若い頃って、どんなアナウンサーだったのか? その活躍ぶりと貴乃花親方との当時のデキ婚の報道について振り返ってみました。

Sponsored Link

 

花田景子さんが芸能界復帰?女将卒業で…

貴乃花親方が親方を引退するっていう報道がありましたよね。

親方を引退して相撲界から離れるって言うことは花田景子さんも女将という職業からとかれるんですよね。

ここに来て花田景子さんにすごく注目が集まってるんですよ。

なぜかと言うと相撲部屋の女将の家業をしなくていいということは花田景子さんはフリーになるんですよね…

花田景子さんは元フジテレビの女子アナウンサーでありますし、そして意外にも報道に力を入れた方なんですよ。

意外にもっていうのはちょっと失礼かもですが、アイドルアナウンサーとして名前を売った割には…という意味です。

元々フジテレビの報道局で報道に力を入れたということはコメンテーターとしても政治関係や時事ネタにコメントできるんですよね。

しかも子供もいらっしゃって子育ての経験もあるので子育てママの目線でもコメントをすることができるので、その辺の男性のコメンテーター

よりも需要が高いらしいですよ。

そんな花田景子さんにワイドショーやいろんなテレビのバラエティ番組が、フリーになった際にはぜひ花田景子さんにコメンテーターとしてやトーク番組に出演してもらえないか…というそういう需要があるんですよ。

タレント上がりのママさんタレントよりもやっぱりフジテレビのアイドル女子アナウンサーだったという肩書きの花田景子さんの方が番組の制作する方としても信頼がおけると思いませんか

しかも花形女子アナウンサーだけあってやっぱり見た目は今でもとても綺麗なんですよね。

見た目が綺麗でさらに時事ネタにもコメントできて、ママさん目線で子育てにもコメントできて…これってとてもスペック高いですよね。

花田景子

花田景子の若い頃の活動は?貴乃花とはデキ婚だった!

花田景子さんは女子アナウンサー、つまり局の社員だったにもかかわらず、イメージビデオを販売したりイベントにファッションモデルとして起用されたりっていうことをしてたんですよね。

当時は旧姓の河野景子でしたが…

これはフジテレビの戦略だったんですけど、一部の人の中には美人は会社の待遇もこんなに違うのかっていう妬みの声なんかまったりしたみたいですよ。

その当時の女子アナ人気は現在とは比べ物にならないくらい凄かったそうですからね…

花田景子さんは1995年に8歳年下の貴乃花関と結婚しました。

これは当時デキ婚だった!って騒がれたんですよね~。

貴乃花は宮沢りえさんと婚約発表までしておいて、直前になって破談になるという経験もしていますし…

っていうか、現役の横綱でしたし、花田景子さんも絶頂時のフジテレビのアイドルアナウンサーでしたしね…

そりゃ世間は騒ぎますよね~。

芸能レポーターからは妊娠はしていませんよね? などと詰め寄られたり…

花田景子さんはデキ婚ではないと否定していましたが、妊娠を発表した時にはすでに6ヶ月を迎えており、やっぱりデキ婚だったようですね。

結婚してからは本を出版したりもしてますね。

「ピンチも料理で救われます」っていう本とか「残り湯洗濯しています」

なんていう本ですね。

「残り湯洗濯しています」がちょっとあざとくないですか?

絶対してないっぽくないですか?

花田景子さんには3人の子供がいます。

子育てもひと段落したでしょうし、3人の子供を育てた経験からママタレ路線もいけるんですよね…

Sponsored Link

 

現在の活動や貴乃花親方との離婚は?

今回の報道に先駆けて実は17年ぶりにラジオ番組に復帰して、実は芸能活動の本格復帰に向けて着々と準備は整ってるみたいなんですよね。

貴乃花親方との離婚が取り沙汰されていますが、離婚をしてもしなくても貴乃花親方が親方を辞め廃業する以上は花田景子さんも女将を続ける必要がなくなりフリーとなります。

これだけのスペックが揃った元フジテレビの女子アナウンサーにワイドショーがほっておくではないですよね。

スッキリ! とか、近藤春菜さんでいいなら花田景子さんが女としての経験値を活かして格の違いを見せつけるかもしれませんよ?

ということで今日は花田景子さんのことについて振り返ってみました。

花田景子さんは51歳ですがまだまだお美しいですし、女性視聴者からの好感度を得られれば、これから需要がさらにをアップする可能性を秘めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です