桑子真帆アナ独立退社報道の理由は?事務所選びは有働アナを手本に?

フリーアナウンサーには極めて風向きが悪い昨今の芸能界。女優デビューを果たしたカトパンこと元フジテレビの加藤綾子アナウンサーや、10月から日テレの「ニュースZERO」のメインキャスタ-が内定している元NHKの有働由美子アナウンサーなどは明らかに頭一つ抜け出た別格な存在です。

そんな中で、NHK退社、独立か? という報道がでた桑子真帆アナウンサー

独立を企てるとして、後ろだてになってくれるのはやはり「あの人」なんでしょうか?

Sponsored Link

 

桑子真帆アナウンサー独立NHK退社でブラタモリはどうなる?

「ブラタモリ」で桑子アナウンサーと共演しているタモリさんは、滅多な事では誉め言葉をださないことで有名な方です。

そのタモリさんをして、

「物おじしないどころか、突っ込みを入れてくるタレント性も持ち合わせている。この子は化けるよ」

と素晴らしい誉め言葉を送ったというのですから、タモリさんとの相性は抜群の桑子アナです。

ただ、もし桑子真帆アナが独立NHKを退社するようであれば、ブラタモリのアシスタントは降板になる可能性はありますね。

ただし、桑子真帆アナがタモリさんと同じ事務所に所属となればバーターで継続可能かもしれませんが…

関連記事:桑子真帆アナウンサー オリンピックの失敗が離婚に影響?【画像】

桑子真帆とタモリ

有働アナウンサーも独立 個人事務所と契約

さてそんな桑子アナですが、先の冬季オリンピックの失敗以来、すっかりNHKのお偉方とは溝ができてしまったとの報道です。

関連記事:桑子真帆アナウンサー オリンピックの失敗が離婚に影響?【画像】

今回の離婚を機に、有働アナウンサーに続いて独立するのでは? との憶測が飛んでいます。

もし独立するとなると、どこかの芸能事務所に所属してマネジメントを委託することになります。

同じNHKを退社、独立を果たした有働アナを引き合いに出すと、有働アナウンサーは親交のあったマツコ・デラックスさんのツテでマツコ・デラックスさんと「くり~むしちゅ~」の有田さん、上田さんが所属するかなり小規模な事務所と契約しました。

有働さんが契約した「ナチュラルエイト」は元くり~むしちゅ~のマネージャーが代表を務めている、実質くり~むしちゅ~の個人事務所に近い、かなり小規模な事務所です。

マツコ・デラックスさんがその事務所に入ったのも、くり~むしちゅ~の二人との関係からです。日テレと深いつながりがある同事務所と契約することで、有働アナウンサーはフリー1発目の仕事として日テレの「ニュースZERO」のメインキャスターの仕事をゲットしました。

事務所の規模ではなく、人間関係から所属先を決めた形になりました。

Sponsored Link

 

タモリの事務所には人気アナウンサーの夏目三久も

このくだりから、桑子アナが独立するとしたらどこの事務所か? と推測した時に、真っ先に上がるのが「田辺エージェンシー」です。

田辺エージェンシーはタモリさんが所属する老舗の芸能事務所であり、また人気フリーアナウンサーの夏目三久さんが所属する事務所でもあります。

タモリさんが

「うちに来れば?」

と一言発すれば決まってしまう可能性は高いです。夏目三久さんは田辺エージェンシーの社長の「スぺおき」とはいえ、通常のフリーアナウンサーのマネジメントも手馴れているでしょう。

(スペおきとはスペシャルなお気に入りのこと)

その他俳優の堺雅人さんも田辺エージェンシー所属の俳優さんですね。用は実力者ぞろいの玄人芸能事務所と言えるでしょう。

(半沢直樹の作中でポスターの女優が夏目三久さんだったのは完全にバーター交渉といえます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です