中川圭太/東洋大はドラフト指名なるか?最後のPL戦士がプロへ!

東洋大学の中川圭太選手はドラフト会議2018で指名されるでしょうか?

東都野球では1年生から4年生まで大きな怪我もなく活躍を続け、通算打率は2割9分を超えでベストナイン賞も4回もとっている素晴らしい選手です。

実は中川圭太選手はPL 学園の卒業生で、ドラフトで指名されればおそらく PL 学園出身の最後のプロ野球選手になると言われています。

Sponsored Link

 

中川圭太はPL学園のOB ドラフト会議2018で指名か?

PL 学園といえば桑田真澄さんや清原和博さんや、現役では元広島の前田健太投手、それから先日引退を発表した松井稼頭央選手などそうそうたるプロ野球選手を輩出した高校野球の超超名門校です。

ですがご存知の通り、近年は野球部の不祥事などが相次ぎ、ついに野球部の新入部員の募集を停止したことで知られています。

そういう意味で PL 学園出身の中川圭太選手がおそらくPL出身の最後のドラフト候補っていうのは現実味を帯びてるんですよね。

高校野球ファンにしてみたら PL学園なくなるてな寂しいと思うけど、ブラック部活はやっぱり嫌ですね…

清原和博さとか桑田真澄さんとか、OBのPL学園野球部の思い出話とか聞くと、正直現代では笑えないっすよね…残念ながら。

PLの部落野球部の話はさておき、中川圭太選手はそんな伝統ある PL野球部の最後を飾るにふさわしい素晴らしい選手だということです。

東洋大では1年からレギュラー

そつのないバッティングも素晴らしいんですけど、中川圭太選手が一番素晴らしいのは守備なんだそうです。

二塁手としてすでに守備力はプロレベルだとか。

日本のプロ野球でショートとかセカンドとかで名手って呼ばれて選手って、結構小柄な選手が多かったじゃないですか。

あの松井稼頭央選手も西武ライオンズ時代はショートでしたけど身長は180センチないんですよね。

中川圭太選手は180センチ以上身長があるんですけど、セカンドの守備では小回りの効いた守備でフィールディング素晴らしいそうですよ?

まぁ確かにメジャーリーガーなんか185センチとか190 センチでショートとかセカンドやってますしね…

180㎝がセカンドとしては大柄だっていう議論があるとしたら、正直一昔前の話って気がしませんかね…

Sponsored Link

TBSの特番「お母さんありがとう2018」に出演予定

TBSの特番「お母さんありがとう2018」で特集される予定みたいですけど、どのあたりが特集されるんですかね。

やっぱり PL学園の最後のプロ候補ってとこでPL絡みで何か特集されるんですかね?

一部のメディアでは元阪神の今岡選手によく似たタイプだという風に紹介されてましたね。

まあ守備が上手くて流し打ちができて、小回りのきく選手って言うと確かにそんなイメージかもしれないですね。

あえて巨人で言うならに二岡選手ですかね…もう引退してますから二岡コーチですね…すいません…

スカウトの評価

打撃はともかく守備だけはもうプロレベルで間違いないそうで、即戦力の二塁手っていうのはやっぱりどの球団も欲しいんじゃないですか?

バッティングでも走塁でも守備でも何か一つプロレベルに達しているものがあるとやっぱりドラフトにはかかりやすいすよね。

現楽天のオコエ瑠偉選手なんかも高卒ルーキーとしてはバッティングの技術はまだまだプロのレベルじゃなかったみたいですけど、圧倒的な守備力と走塁力でドラフト上位指名でしたよね?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です