絶対零度3 6話感想7話あらすじ 黒幕は田村薫(平田満)かよ!

絶対零度シーズン3

絶対零度3の6話感想7話あらすじになります。

現在わかっていることは井沢範人(沢村一樹)が実はミハンシステムにリストアップされていたということ。

また、藤堂(伊藤淳史)にしてもクビの古傷をわざと見せるカメラワークなので、必ずあの古傷がなにか過去のつらい経験に結びつくはずで…

再三書いているのですが、もしかしたらミハンチームのメンバーは全員ミハンシステムにリストアップされているのでは?

小田切唯(本田翼)、南彦太郎(柄本時生)、田村薫(平田満)もまたミハンリストにはいっているのでしょうか?

という疑問を持って毎回ドラマを楽しんでいます。

Sponsored Link

 

ドラマ絶対零度3 6話感想 裁き人の黒幕は? 南彦太郎(柄本時生)か田村薫(平田満)か?

6話ではついに謎の裁き人がの正体が明かされる模様ですね。

2話で法では裁けない元最高裁長官で、政治家に転身を図っていた男がエレベーターに転落する不幸な事故に。

3話では女子大生を襲った黒幕の青年実業家が、行方不明になり、捜索願がだされていることが分かりました。

そして前回5話でも事件に関与していたジャーナリストが変わり果てた姿で発見されるなど、ミハンシステムがリストアップし、ミハンチームが関わった案件を、誰かが司法に代わり裁いている描写が続いてきましたが、ついに6話ではその裁き人の正体が判明!

誰かな~?

個人的には藤堂(伊藤淳史)だと思ってここまで見てきたんだけど、違うっぽいんだよね~。

でもミハンチームのメンバーだってことは、予告でわかってるから、ん~、そうすると…

南彦太郎(柄本時生)か田村薫(平田満)のどっちか?

まさか捜査一課の刑事(マギー)ってことはないよね?念のため…

ネタバレはしないようにしつつ、予想だけはしっかりしてみました。

当サイトにお越しいただきありがとうございます!

見た感想:

やっぱ田村さんかな?

見ながら書いてるけど…

でも南彦太郎役の柄本時生さんだと面白いんだけどね~。

井沢範人は藤堂だと思ってるね?

逆に藤堂ははなっから井沢範人だと決めつけてるっぽい…

井沢範人ではない理由として、6話で主人公が離脱するわけにはいかないかろ?

っていう…そういう理由はあるけどね。

田村薫かーーー!

柄本時生か平田満かの二択だったけど、柄本時生予想が外れた…

もちろん藤堂は田村の過去も知っているわけで、これだけミハンリストに名前が載っている人物たちを使っての捜査となると、気が気じゃないよね?

いつやらかすかわからない…

にしても、田村さんの過去も悲しいなあ…

事件を予感して、上司に訴えても聞いてもらえず、大切な人がいなくなってしまったのか。

「すいません」が口癖っていうのが、実は伏線だったのか…

「すいません」が口癖になった過去がやりきれないね…

これは良くできた伏線だったし、回収も成功!

面白かったね。

ただしね、この結末は予想してなかった…

ネタバレはしないから、見逃し配信を見ることをお勧めします。

関連記事:

絶対零度3 5話感想とあらすじ 道枝駿佑の演技は下手じゃない!

絶対零度3 3話感想あらすじ 本田翼の赤いぬいぐるみの意味は?

絶対零度3 井沢範人がミハンシステムから警戒される3つの理由

井沢範人(沢村一樹)

絶対零度3の脚本は面白いし視聴者のニーズに答えてる

絶対零度3の脚本はかなり面白いんだけど、1時間という相当に短い時間の中で全部を収めなければならないためか、かなりテンポが速いですよね。

怪しい人物の特定とか、井沢範人のひらめきですぐわかっちゃったり…

重要な情報も南彦太郎(柄本時生)がパンパンパンで5秒で見つけたり…

科捜研の仕事は田村薫(平田満)が昔やっていたという設定でこれまた5秒くらいで情報の裏が取れてしまうという…

まあ最初から脚本というレールは引かれているので、後はその上をどのくらいのスピードで駆け抜けるか?

ということなんだけど、にしてもこのドラマのサクサク感は半端ない!

絶対零度のテンポに慣れてくると遺留捜査とか、スローに感じてしまう…

それでもこのドラマが評判が良いのは、本田翼さんの格闘シーンが受けが良いとなれば、シーンを増量したり、ジャニーズファンが期待しているジャニーズの若手の道枝駿佑さんをいち早くゲストで起用したり、視聴者のニーズに答える作りにはなっているから。

本田翼さんの潜入捜査の衣装とか、スカートでの格闘シーンはかわいいと評判。

いつも背負ってる赤いぬいぐるみに至っては限定販売だったのに一瞬で売り切れてしまいました。

横山裕さん演じる山内も桜木泉との接点から、この後最終回までには必ず見せ場は来るでしょうしね!

横山裕さんのクールな演技も評判ですし。

バイクで走るのシーンはメットかぶってるけど、ほんとに横山裕が乗っているのか?

なんてSNSで話題になったり…

やっぱり若い人が見ても面白い内容に作りこめば、オンタイムでは見れなくても、見逃し配信でしっかり見ているし、なによりSNSでかなり盛り上がってる。

もはやドラマはリアルの世界だけで楽しむコンテンツではないので、そのドラマが本当にヒットしているかはSNSの反応も大事ね。

そういう意味で、絶対零度はかなりSNSで話題になっているので実際の視聴率以上に受け入れられているドラマと言えそうです。

Sponsored Link

 

7話あらすじ どーなる?ミハンチームのメンバー!沢村一樹は動くのか?

いよいよ桜木泉が復活する感じがしますね~。

井沢範人も過去の事件にからんだなにかよからぬ行動にでそうな気配…

そもそもミハンチームとは本当に警視庁で導入するにあたってのテストケースなのか?

というところからもう一度疑ってみると、今までの事は全て仕組まれていた…

なんていう大どんでん返しもありうるのかな?と…

今度もミハンがリストアップした任人物は密売組織のメンバー。

2ヶ月前に取り調べを受けている男ですが、この男はメンバーにすぎず、組織のボスはコードネーム「喜多野」

北野武に関する情報はあまりにも乏しく、本名なのか? そもそも実在するのかすら不明。

事件の全容を把握するためには、この組織のボス、「喜多野」に接触するしかない!

ってことで、井沢範人たちはミハンがリストアップしてきたメンバーの男を張り込んでマークするのでした…

絶対零度3の7話、桜木泉(上戸彩)の事件にも、なにか新事実が浮かび上がってきたみたいですね…

これはいよいよ楽しみな新展開です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です