金足農吉田輝星に対する東尾の評価が適格すぎ!即プロで活躍できる?

金足農業高校 吉田輝星選手

2018年の夏の甲子園大会は記念の100回大会でした…

平成最後の夏の甲子園で、秋田県代表の金足農業高校が快進撃を見せましたね!

追記:

そしてドラフト会議2018では見事北海道日本ハムファイターズが外れ1位とはいえ、一本釣りで交渉権を獲得しましたね!

吉田輝星選手、ようこそパリーグへ!

公立の農業高校ながら全員野球で甲子園の切符を手にした金足農業高校。

鹿児島県代表の名門鹿児島実業や、神奈川県代表の名門横浜高校を撃破し、全国4強に進出しました。

追記:決勝戦で惜しくも敗れましたが、金足農業高校のファイトはすばらしかったですよね?

金足農業の中心選手はエースの吉田輝星選手です。

マウスピースを付けた白い歯が話題のイケメンエースピッチャーですね。

球速は最速150キロを誇るこの将来のプロ候補を、元埼玉西武ライオンズ監督の東尾氏が絶賛しています。

プロ志望届けを提出した吉田輝星選手の投手としての良さとは?

元プロ野球選手の東尾氏が見た金足農業の吉田投手の良さとは、いったいどんなものなんでしょうか?

Sponsored Link

 

金足農業高校の吉田輝星の甲子園の活躍を振り返る

秋田県代表の金足農業高校のエース吉田輝星選手は、秋田県大会を一人で投げ抜き甲子園出場を果たした金足農業高校のエースピッチャーです。

ドラフト1位で北海道日本ハムファイターズに入団が決まりました!!

たった一人で県大会から甲子園大会の試合もこれまで全試合投げた吉田輝星投手に、日本全国の注目が集まった夏の甲子園大会が懐かしいですね…

しかも毎試合二けた三振の快投ぶりでしたからね…

鹿児島実業戦、横浜高校戦、そして伝説となりそうな2ランスクイズでサヨナラ勝ちを収めた近江高校戦と、苦しくなるたびにもう一速ギアを入れるという頭脳的な投球と、マウスピース装着による白い歯が印象的でした。

戦う姿がイケメン!の吉田輝星選手ですが、ユニフォームを脱げば普通の高校生です。

甘党だそうで、縁日のチョコバナナが好き…という報道もあり、その辺はなんだかんだで2001年生まれの10代の子供なんだ…とちょっとかわいい部分も垣間見れます。

関連記事:

 

 

 

金足農業高校 吉田輝星選手

元プロ野球選手の東尾修氏の評価とは?

プロのスカウトも大注目の金足農業高校の吉田輝星選手ですが、実際のところプロの目からみた吉田輝星選手の投球の評価って、どんなもんなんでしょうか?

元埼玉西武ライオンズ監督で200勝投手の東尾修氏が元プロの目線から吉田輝星選手を分析、解説しています。

東尾修氏によれば、まず吉田輝星投手で一番印象的なのは無駄のない投球フォームだそう。

176㎝と身長はそれほどないにもかかわらず素晴らしい投球ができる秘訣はここにありそうです。

全く同じというわけではないものの、往年の桑田真澄氏や現役の田中将大投手に匹敵するだけの完成度がある…と東尾修氏は解説しています。

この辺、確かに!って納得しちゃいましたね。

桑田真澄氏も上背はなく、180㎝あるかないかくらいの投手でした。

一言でとてもわかりやすい例だと思います。

さらに東尾修氏によれば、下半身のパワーがしっかりとキャッチャーミットめがけて伝わっており、ブレがない…とのこと。

ギアチェンジができるのも、投球フォームがしっかりと同じ動作で再現されているからで、そうでないと力んだときに右打者よりにすっぽ抜けるか、あるいは指にかかりすぎてひっかけて外角低めにはずれしまうところですが、吉田投手はそれがない。

吉田投手の場合、力むのではなく、体全体の力の配分で球速をコントロールできており、であるが故にシュート回転したボールもほとんど見られなかった…とか。

なるほどね~、さすが元プロ野球選手&監督はちゃんとなにがすごいのかを言葉で解説できるんですね~。

ギアが入る!って簡単に報道されてますけど、それができることの凄さが東尾修氏の解説でわかりましたね。

続けて東尾修氏は、ピンチの時にギアを入れる頭脳も持ち合わせている!とベタ褒めでしたね。

Sponsored Link

 

北海道日本ハムファイターズがドラフト1位指名も過大評価の声も…

プロ野球のスカウト陣の評価も軒並み高く、もしプロ志望であれば間違いなくドラフトの目玉になるだろうと言われている吉田投手。

しかし、実は現状吉田輝星選手はプロ志望ではないとか。

大学進学を希望していて、金足農業高校の監督がすでにスカウトには大学進学する旨を伝えていると、一部報道されています。

追記:

大学ではなくプロになって良かったと思える活躍を期待しています…

北海道日本ハムファイターズは、若手の育成に定評のある素晴らしいチームですから、少なくとも1年目は鎌ヶ谷のファイターズタウンでじっくりと体の体幹を鍛えてほしいですね…

いきなり1軍のマウンドは…どーでしょうかね?

桑田真澄さんが、テレビで吉田輝星選手について、コメントしていました。

来年の春まではノースローで肩を休ませるべきだと…

夏の甲子園大会で883球ですか? は明らかに投げ過ぎなので、しっかりと休んでほしいと言ってましたね。

桑田真澄さんも、3年の夏の甲子園大会の後は、プロ入りするまではもうずっとノースロー調整だったそうですよ?

やっぱり肩が消耗しているので…

高卒のルーキーが1軍で一年目から勝ち星を挙げるのは、よほどの逸材でない限り、まずないことな訳で…

2019年シーズンに1軍で登板がなくても、普通じゃないでしょうか?

金足農の甲子園の快進撃から、ちょっと過大評価ぎみのメディアもあるようなので…

北海道日本ハムファイターズには、高校時代に、あえて投げすぎない選択をしたことで有名になった立田選手がいます。

投げ過ぎた吉田輝星選手と投げなかった立田選手と、同じチームで1軍のマウンドを争うことになるのは、なんだかちょっと複雑な気持ちですね…

 

甲子園に縁のなかった広島の黒田選手や、巨人の上原投手が40歳を過ぎても超一流だったことと、投げすぎないことは、関係がありそうですしね…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です