獣になれない私たち 1話感想&2話あらすじ!田中圭キター!

獣になれない私たち 新垣結衣 松田龍平

石原さとみさん主演ドラマ「高嶺の花」が盛り上がった日テレ水曜日10時の秋ドラマは「獣になれない私たち」です!

新垣結衣さんと松田龍平さんのW主演の「獣になれない私たち」

原作はなく、脚本の野木亜希子さんの完全オリジナル脚本作品です!

ガッキーと野木亜希子さんといえば、大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」がすぐに思い出されますよね?

逃げ恥と比較することに意味はありませんが、脚本を書く人が主人公を演じる新垣結衣さんの魅力の引き出し方を熟知しているっぽいのは、期待できますよね?

それいがいにも、「掟上今日子の備忘録」も野木亜希子さんの脚本作品です。

ガッキーと相性がよろしいようですね!

また、新垣結衣さんと松田龍平さんの共演は2007年の映画「恋するマドリ」以来なんだとか。

松田龍平さんのドラマ出演は「カルテット」以来でしょうか?

お二人とも直近の出演ドラマがとてもクオリティの高い作品なので(新垣結衣さんの直近の出演ドラマはコードブルー)、とにかく楽しみ以外ないですね!

個人的には身長が非常に高い新垣結衣さん(推定170㎝オーバー)相手役としては、身長183㎝の松田龍平さんは最適だと思います。

Sponsored Link

 

新垣結衣 松田龍平…他キャストと1話のあらすじ

  • 深海晶・・・新垣結衣さん

30歳の仕事もプライベートも笑顔でこなす「できる女性」

キーワードは「笑顔」

どんなに大変な仕事も「笑顔」でこなし、気を使いながら完璧をめざす。

故に、誰からも好かれる女性……を演じている。

仕事も恋もプライベートも頑張りすぎてちょっとお疲れな日々を過ごしぎみ。

なぜこんなに頑張っているのか? とふと思った時にバーで根本恒星に出会うところから物語がスタート。

 

新垣結衣さんのちょこっとプロフィール

  • 名前:’あらがきゆい
  • 生年月日:1988年6月11日
  • 身長:169㎝(公式)

直近の出演作品

  • コード・ブルー シーズン3(2017年)
  • 逃げるは恥だが役に立つ(2017年)☆野木亜希子脚本
  • 掟上今日子の備忘録(2015年)☆野木亜希子脚本
  • 空飛ぶ広報室(2013年)

 

根本恒星・・・松田龍平さん

33歳の敏腕弁護士。→会計士(最初間違えていました)

処世術に長け、人に対して口当たりがよく、誰からも好かれる好青年。

その実、全ては演技であり、腹の中では世の中を冷めて目で見ている。(ちょっとありがち…)

基本、人付き合いが良い人間を演じているが、誰も信用しないし、誰も愛さない。

ふとしたことから順風満帆だった会計士稼業でヤバめの仕事に関わることに…

そんな折にバーで深海晶と出会う…からの物語スタート!

松田龍平さんのちょこっとプロフィール

  • 名前:まつだりゅうへい
  • 生年月日:1983年5月9日
  • 身長:183㎝(父の松田優作さんも185㎝)

直近の出演作品

  • スモーキング(2018年)
  • カルテット(2017年)
  • あまちゃん(2013年)
  • まほろ駅前番外地(2013年)

 

9月5日現在わかっているキャスト

田中圭さん

田中圭さんのちょこっとプロフィール

  • 名前:たなかけい
  • 生年月日:1984年7月10日
  • 身長:179㎝

直近の出演作品

  • 健康で文化的な最低限度の生活(2018年)
  • おっさんずラブ(2018年)
  • 民衆の敵(2017年)

田中圭さんのオススメ記事

田中圭モバイルの料金は?入会するとゲットできる特典が超豪華!

ゴチ新メンバーは誰?予想は田中圭!大杉連の代わりの人を検証!

マジか!現在放送中の「ケンカツ」こと「健康で文化的な最低限度の生活」でもネットをざわつかせている田中圭さんが「獣になれない私たち」に出演します。

男性視聴者のみならず、女性視聴者も取りこぼさないための完璧な配役!

お見事です!

これであとはアイドルグループの誰かをポイっと配置すれば、話題はしっかりとつかめそう。

ぬかりのないキャスティングに脱帽です!

獣になれない私たち 2話感想あらすじ ガッキーがハゲ社長に喝だ!

獣になれない私たち 新垣結衣 松田龍平

ドラマ「獣になれない私たち」の1話感想

「逃げるは恥だが役に立つ」以来の新垣結衣さんの主演ドラマ(松田龍平さんとW主演)に、同ドラマの脚本を担当した野木亜希子さんをマッチングしたあたり、もうこれは外せない!というような気合のみなぎりを感じますよね…

「カルテット」に出演した松田龍平さんもW主演での出演。

そこにおっさんずラブ以来根強いファンが付いている田中圭さんもブッキング…

すでに出演者が楽しみ以外ないです。

ただ、前作の「逃げ恥」やその前の作品「掟上今日子の備忘録」ほどにコメディ要素が含まれているかはまだわかりませんので、いったいどんなガッキーが見られるのかは未知数ですよね。

ガッキーはコメディエンヌ的な役の方が見ていて楽しいので、あまりシリアスになりすぎづに、ガッキーのコミカルな演技が見られることを期待しています。

松田龍平さんもしかりで、ぬーとしたようなポーカーフェイスの表情からのクスっとくる要素を付いてくる演技がとても好きな俳優さんです。

「まほろ駅前番外地」の仰天の役が最高でしたね…

「あまちゃん」でもさりげなくギャグ要素は含んでいましたしね…

久しぶりのドラマ出演なので、超楽しみです。

田中圭さんも、現在放送中の「健康で文化的な最低限度の生活」にも出演中で、飲み会でオレンジジュース(リンゴジュースでは?とのご指摘を受けましたので、ここはひとつ、ノンアルコールのジュースでお願いします)を飲んでしまう京極係長を演じています。

田中圭さんに求められる要素って、かわいいおっさん…がやっぱりまだ強いんでしょうか?

当分おっさんずラブの余波は続きそうです。

さて、リアタイで見れずに…

すでに一晩で1000アクセス以上あったのに、感想を書く前に来てくれた方、いまさらすいません…

今から見ていきます。

っしゃー! 冒頭から田中圭キターーーーーー!!

なにこれ、星野源なのか、田中圭なのか……どっちかよくわからないくらい設定似てる気が…

どっちにしてもガッキーとめっちゃ似合うね…

新垣結衣さん、肩下までの髪型もいいね。

「逃げ恥」のみくりさんのイメージが強すぎるけど、リーガルハイ2の時はおかっぱだったしね…

なんかちょっと新鮮。

これさ~、最初のBARのシーンいいな~。

松田龍平さんは「カルテット」でもあんな感じの振られ方してたしね…

ぬるっとした振られ方が似合う俳優ってどういうことかね…

菊地凛子さんの使い方としては正解だろうね…ぶっ飛んだ女を演じるのが上手い女優さんですよね。

ああ~~もう! 前のクールのグッドドクターもそうだったんだけど、なんで日本のドラマの中の会社の設定っていうのは当たり前みたいにブラック企業が出現するの?

脚本家がこういう脚本書くってことは、現実にこういう職場があるってことなわけですよね?

腹立つな~~。

こんなん社内コンプライアンスもへったくれもないな~~。

僕が嫌いな日本の社会をまたドラマでみせられた…

こんなん見たくないのにな。

冒頭部分だけにしてほしい…

じゃないとせっかくガッキーのドラマなのにみたくなくなってしまう…

お~、スポンサーの一番手がTIK TOKだね。

TIK TOK流行ってるよね…

そいえば中国のガッキーこと栗子ちゃんがツイッターにTIK TOKの動画アップしてたな…

それはそうと…

田中圭さんとガッキーが腕組んで歩くとこ、さすが田中圭さん上背があるね。

ガッキーより背が高いのはポイント高いよ。

 

土下座か…

あほくさい。

頭なでるのもアウトだろ? 狙ってんのかしらないけど、ちょっと1話は受け入れがたいな。

これ見てると僕は日本に住んでなくてよかったな~ってしみじみ思ってしまう…

これ、ドラマの中だけの話なんですか? それともほんとに日本ってこんな働き方するんですか?

どーなんですか? 読んでくれてる皆さん…

 

ガッキーめっちゃビール飲むね…

そりゃキリンがスポンサーだもんね…

日産の車乗ったり、キリンのビール飲んだりするシーン、これからも差し込んでくるよね、きっと。

美人女優にドラマでビール飲んでもらうほど抜群の宣伝もないよね。

ちょっとストレスのたまる1話だったけど、晶(新垣結衣)が最後のシーンで革ジャンと革のブーツでメンチ切ったのがよかったな~。

ガッキーって、ニコニコしておとなしい目な感じの女性を演じるけど、がっつり芯は強い演技が上手いよね…

みくりさんもそうだったしね。

その辺、やっぱ脚本家がガッキーの見せ方わかってるってことなのかな~。

どー思います? 2話楽しみになりましたね。

とりあえず、あのハゲ社長を黙らせてほしいね!

Sponsored Link

「獣になれない私たち」2話あらすじ 原作は?

お互いに仕事に恋に、人間関係に疲れた深海晶(ガッキー)と根本恒星(松田龍平)が仕事帰りに立ち寄ったバーでバッタリ!

出会ってすぐに恋に落ちる…のかどうかは見てみないとわかりませんが、日頃タメにタメたストレスやうっぷんを互いに知らない物通しというあと腐れのない間柄だからこそ、ぶつけあうところから物語スタートです。

傷つきながらも本来の自分を取り戻す…的な二人の姿を時にせつなく、時に笑いありで描くドラマです。

脚本の野木亜希子さんの完全オリジナル脚本作品で、タイトルの「獣になれない私たち」は、しがらみなんか気にしないで、本能のおもむくままに(獣のように)生きられたらなあ!という意味が込められているようです。

なので、原作はなく、完全オリジナル脚本作品の「獣になれない私たち」です!

オリジナル脚本のドラマはまず間違いなく面白いですよ!

2話のあらすじは1話放送後に加筆いたします。

4 件のコメント

  • 松田龍平さんは弁護士じゃなくて会計士役なんじゃないかな?
    ちゃんと間違えないか確認してから記事にすればいいのに。

  • オレンジジュースを飲んでいる。
    と言うところですが、最新話の話であれば、京極係長は、りんごジュースを飲んでいたと思います。
    確認お願いします。

    • すいません、ちょっと…もう確認できないので…

      オレンジジュースを訂正→ノンアルのジュース…という表現に変更いたします。

      ご指摘ありがとうございました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です