白石麻衣の写真集パスポートの売上部数をAKB48と比べてみた

白石麻衣

乃木坂46白石麻衣さんの写真集パスポート」が重版を繰り返し、2008年以降のオリコン集計、女性写真集売上歴代1位の売上を記録しました。

この女性写真集部門で歴代1位の売上を記録した白石麻衣さんの写真集「パスポート」は、白石麻衣さんの2冊目の写真集になります。

1冊目の写真集「清純な大人 白石麻衣」ももちろんヒットした写真集でしたが、2冊目の今作「パスポート」の売上は前作を大きく上回るものです。

まさに「爆発的な売れ方」であり「爆発的な売上」が見込まれます。

では、実際にどれくらいの売上部数を記録しているのか? AKB48のトップメンバーと比べてみました!

2分で読める内容になってます。ぜひお付き合いください。それではいってみましょう!

Sponsored Link

 

乃木坂46白石麻衣の写真集「パスポート」売上部数

乃木坂46の白石麻衣さんの2冊目の写真集「パスポート」が2017年2月発売以来、重版につぐ重版を重ねて、ついに2018年7月現在31万部を超えました。

これまでの写真集部門歴代売上1位だった2008年発売の上地雄介さんのフォト&エッセイ「上地雄介物語」の29万部を上回る売上部数を記録しました!

え? 今までの写真集部門歴代1位が上地雄介? って思われた方も多いはず!

こちらはこちらで度肝を抜かれましたね。

「羞恥心」でCDを発売して100万枚セールスを記録したり、紅白歌合戦に出場させたり…

絶頂時のヘキサゴンファミリー…いや、島田紳助さんのメディア戦略すごいですね、あらためて思いませんか?

こんな記事もあります:

ドコモのCMで高畑充希の紅にあわせて歌ってる犬のアプリはなに?

さてさて話を元に戻しまして、31万部ってすごい売上ですね~。

ちなみに比べるのもどうかな~とは思ったんですけど、具体的に誰かと比較してみることで、この31万部という数字の凄さがより分かりやすくなるんじゃないかと思いました。

関連記事:

能條愛未の乃木坂46卒業は文春の彼氏スキャンダル以外の理由が!?

若月佑美の演技力は?吉野家のCMで佐藤二郎のアドリブに苦戦?

白石麻衣

白石麻衣の写真集「パスポート」の売上をAKB48のメンバーの写真集と比べてみた

比較の対象が乃木坂46より格下では意味がありませんからね。

乃木坂46と同じく、トップオブトップのアイドルグループで比較してみました。

まず元AKB48のセンター大島優子さんのフォトブック「脱ぎやがれ!」と売上を比較してみました。

大島優子さんのフォトブック「脱ぎやがれ!」は発売初週の売上が約5万部でした。(初回盤と通常版合わせて)

2週目が約1万部です。

3週目が約5000部4週目が約4000部ときまして、トータルで約8万部くらいの売上です。

こちらも大ヒットですけどね!

でも大島優子さんで8万部ですからね。

次に前田敦子さんの写真集「不器用」と比較してみると、「不器用」が初週売上が約38000部、トータル約55000部でした。

最後に「まゆゆ」こと渡辺麻友さんの写真集「まゆゆ」はどうだったでしょうか?

表紙の写真が衝撃的で話題になったあの写真集ですよ?

初週売上が約45000部、2週目が約14000部、トータル約62000部、とこちらも余裕でヒット写真集なんですけどね!

1万部いったら大ヒットの写真集部門において、これらのアイドルの写真集の売上はグンを抜いてすごいんです。

やっぱり前田敦子さんや大島優子、渡辺麻友さんはAKB48の選抜選挙で1位を獲得しただけの事はありますよ。

AKB48の他のメンバーの写真集と比べてもやっぱり売上部数が凄いです。

一部2000円近い写真集を万単位で売り上げるアイドルって、ほんと凄いですよね~。

Sponsored Link

 

白石麻衣さんの写真集「パスポート」は売上部数歴代1位 売り方もすごかった

こうして見てみると、白石麻衣さんの「パスポート」の売上31万部がいかに突出した売上かがわかりましたね。

ちなみにこの白石麻衣さんのメガヒット写真集「パスポート」はネットでの告知&宣伝に力を入れたそうです。

購買者としては、写真集をネットで画像のダウンロードじゃ物足りないわけで、どうしても紙媒体でほしいわけです。

だから1944円払うんですね、印刷代とか輸送費が乗っかってダウンロードよりも間違いなく割高な写真集に。

だけど告知&宣伝はネットが圧倒的に効果的!ということなんですね。

内容はもちろん素晴らしいことは当然として、31万部という売上は営業サイドの販売戦略の勝利ともいえるわけですね。

写真集みたいな紙媒体を売ろうと思った時に、売上部数っていうのは必ずしも被写体の人物の好感度や人気がそのまま売上に直結するわけじゃないってことですね。

白石麻衣さんの人気がないって言ってるんじゃないですよ!

そうじゃなくて、やっぱり物を売るっていうのは、握手会とはまた違った販売戦略があるんだな~って思うわけです。

つまり営業力が必要ってことですね。

かわいいから買おうには必ずしもならないので、

「わざわざ1944円だしてでも買いたいな」

って思わせるような宣伝が必要だってことです。

そういう意味では、この白石麻衣さんの写真集「パスポート」の売上31万部(現在進行形で販売中)の偉業は、

白石麻衣さんと、裏方の営業部の勝利!っていう感じなのかな? って思いました。

白石麻衣さんのますますの活躍に期待してます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です