高嶺の花 5話感想と6話あらすじ ななと龍一が結婚するには?

石原さとみ 高嶺の花

石原さとみ主演ドラマ高嶺の花5話感想6話あらすじになります。

4話でついについに結ばれてしまったもも(石原さとみ)とぷーさん(峯田和伸)

ドラマの前半で結ばれてしまったということは、高嶺の花というドラマのゴールはそこ(ももと直人が交際する)ではないということでしょうか?

妹のなな(芳根京子)はますます龍一(千葉雄大)にハマっていくご様子。

この二人は応援したいんですけど、なにがあるかわからないのが野島伸司氏の脚本

というわけで、嵐のような4話の後の5話はどんな展開でしょうか?

Sponsored Link

 

石原さとみ主演ドラマ「高嶺の花」5話感想 市松(小日向文世)の思惑とは?

4話でぷーさんとついに交際することになったもも石原さとみ)は直人峯田和伸)を父であり月島流の家元である市松小日向文世)に紹介するために月島邸を二人で訪問します。

さすがにこれ以上ガールズバーで働いている設定でドラマを続けるわけにもいきませんしね…

4話ではや交際スタートってことは、当然この後のドラマの後半で色々起きるわけですよね?

ようやくちょっと面白くなってきましたよ!

なな芳根京子)と宇都宮龍一千葉雄大)の関係も面白くなりそう。

5話感想はしばらくおまちください。

見た感想:

へ~い!

いきなりキターーーーーー

予告で見て知っていたとはいえ、ももとぷーさん結ばれてよかったね…

またしても戸田菜穂さん演じるななの母のルリ子が龍一(千葉雄大)にプールで密会…

ななちゃん、行く先は引き返せない闇があるみたいよ…

バトルの相手はお姉さんじゃなくてママっぽいよ…

もしかして水泳のシーンは撮りダメのシーンがまだあるのかな?

だとしたら今後あともう一回くらい千葉雄大さんの水泳シーンが見れるかもよ?

ももとぷーさんで月島亭訪問のシーン、見てるこっちまでドキドキしたよねえ!

しかし、ここからがまさかの展開に!

まじか~! 飽きさせないよね、高嶺の花!

月島亭でサスペンスドラマ一本制作できそう…

今回も高橋ひかるさんの衣装かわいいよね~。

ピンクとかブルーとのウィッグ、毎回なんでこんなに似合うんだろ…

商店街のシーン、明らかに減らしてない?

月島家のドロドロは相当面白いけど、ぷーさんと仲間たちのあのスナックでのシーンがちょっと退屈だったからね。

ちょっと家元の市松がマジでリチャードっぽくなってきたよ、話の盛り方が…

家元が怖いよー!

だって、ももの本当の父親はハイヤーの運転手さんでしょうーが!!

ああ、ネタバレさせたい!

これ、視聴者どんどんハマっていくよね、月島家の家督相続問題…

そして、ついにルリ子が動き出すか…

はあ~、ももはなんか大丈夫っぽい気がするけど、ななちゃん、きついことになりそうだよ~。

関連記事:

高嶺の花 4話感想と5話あらすじ 芳根京子の演技が上手すぎる!

高嶺の花 千葉雄大演じる宇都宮龍一の演技を3倍楽しむ3つの方法

芳根京子と千葉雄大

ドラマ高嶺の花 なな(芳根京子)はどこまで可愛い演技でいられるのか?

当初はももとななの家元継承バトルが始まるのかと思いましたが、もしかしてななと母のルリ子(戸田菜穂)で龍一の奪い合い…

なんていう展開もあるのかな?と…

追記:始まった…遂に……

それだと、ももの時も父親は自分ではないことが発覚し、後妻のルリ子にも愛されず…

なんだか市松がちっとかわいそうすぎて…わたしはそこまでリチャードが愛されていないという設定は嫌だな…

追記:家元はそんなタマじゃないみたい!家元の執念が怖い!

わたし的にはななちゃんにどんどん女として成長してもらって、市松の差し出した手を「ふん!」って払いのけるくらいの強さを身に着ける…みたいな展開に期待してるんですが…

もしかしたらももとも絶縁、母とは骨肉のバトル…

なんて起きたらどうしよう?

ななちゃんが龍一と結婚する条件は家元を継承する…だけだったはずだけど、どうも嫌な予感が…

母のルリ子がどーも気になる…

「どうして…そんなに意地悪するの?」

って龍一の前で泣いていた3話がなつかしい~なんてことにならなければ良いのですが…

ななちゃん、メイク髪型もまだ素朴かわいいままですが、このままそこは変わらないでほしいかな…

Sponsored Link

 

6話あらすじ 市松の本当の目的は?

リチャード、もとい小日向文世さん演じる市松が、どうも当初考えていたよりも相当腹黒い…というか、闇が深いようですね。

実は愛に飢えていた市松…

なんていう落ちは、ちょっと嫌かな。

6話あらすじです。

命に代えて、自分を生んでくれた母親に報いるためにも、月島流を継承することを決意するもも。

ところがももに予期せぬ変化が…

なんとももはいつのまにか、かつてのような素晴らしい華道の作品を作ることができなくなっていたのです。

そしてどうもももは失踪中の吉池をかくまっている様子…

それでもももと直人の婚約パーティーが行われ(早いね、展開が)、大はしゃぎするもも。

その夜、酔っぱらったもものリクエストに応え、ももをおぶって区役所に婚姻届けをだしにいく二人です。

まさか6話で結婚してしまうとは!

ということは、このドラマの終着点は二人の結婚ではないということですよね?

この先にどんな闇がまちうけているのか?

6話、楽しみすぎる~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です