高嶺の花 芳根京子のななが龍一と母親から裏切られた!理由が衝撃!

芳根京子

石原さとみさん主演のドラマ高嶺の花

視聴率も平均10%以上をキープして、好評のドラマです。

主演の石原さとみさんのファッションメイク髪型に注目が集まる中、もも(石原さとみ)の腹違いの妹のななを演じる芳根京子さんにも注目が集まっていますね!

華道の名門月島流のライバル宇都宮龍生会の代表を務める青年実業家の宇都宮龍一千葉雄大)のツンデレ攻撃に惑わされるななを好演しています。

ななを素朴な演技可愛く演じてきた芳根京子さんですが、ドラマ中盤でのあるシーンの演技が話題になっています。

芳根京子の演技と、いったいななになにが起きたのか?

よかったら一緒に見ていきましょう!

そしてななは龍一と母親のルリ子に裏切られてしまいます!

その理由が衝撃の一言!

マジかよ市松!

Sponsored Link

 

芳根京子はべっぴんさんや花子とアン、海月姫に出演した素朴な演技が可愛いと評判の女優

華道の名門月島家の二女ななを演じているのはNHKの朝ドラ「べっぴんさん」に主演した女優の芳根京子さんです。

芳根京子さんは他にも朝ドラ「花子とアン」では仲間由紀恵さん演じる葉山蓮子の娘を演じました。

ドラマでも「海月姫」に主演するなど、実力派の女優さんです。

その演技は視聴者からは「かわいすぎる!」などと言われていますが、実は業界内では「素朴な可愛らしさが特徴」と評されています。

芳根京子さんは「べっぴんさん」のオーディションでは2261人の中から主役を射止めたほどの演技力であるにもかかわらず、その演技にはあまり派手さがありません。

ドラマ「高嶺の花」でも石原さとみさん演じるど派手な美人「もも」に華道の実力や、容姿、性格など全てにおいてコンプレックスを抱いている妹のななを好演していますが、確かに可愛いけど、演技に派手さはなく、どちらかと言えば素朴な感じに映ります。

ただし、業界で有名なエピソードの一つで、オーディションの名簿に「芳根京子」の名前を発見した他のオーディション受験者が、がっくりうなだれるてしまうというものがあります。

芳根京子さんはオーディションで数々の役を掴みとってきた実力の持ち主です。

あまりにもオーディションで圧倒的な存在感を発揮するため、ライバルが戦意喪失してしまうほどだったというのだから、ちょっと地味な印象でも演技力は本物ですね。

派手過ぎない演技がななの設定にはピッタリあっています。

芳根京子

千葉雄大演じる龍一との運命の末の結婚のため、ももと家元継承の戦いを演じる

実の娘のななにどうしても家元を継がせたい母親の月島ルリ子戸田菜穂)は宇都宮龍一千葉雄大)に近づいて、ななと結婚して家元を継がせる策略の手伝いをさせようとやっきになります。

追記:ところが接近するであろうルリ子を見越して、ルリ子を調略するよう命じたのは誰でもない家元の市松でした!

龍一は月島流の家元を継ぐ人と結婚するのが自分の運命だとななに言い放ちます。

果たして龍一の正体とは?

追記:龍一は京都の神宮流のお家元の婚外子だったという事実が!

しかも龍一の狙いは月島の家元ではなく、神宮流の家元の座であることが判明しました!

当初は母のルリ子の策略に手を貸す形であの手この手でななに接近していた龍一でしたが、ななとももの華道家としての資質の違いを目の当たりにして、家元を継ぐのはももだと判断。

攻略先をななからももに鞍替えしてしまいます。

しかし龍一の素顔を知るにつけ、徐々に龍一に心を惹かれてしまったななは、どうしても龍一が欲しくなります。

ななと龍一についてもっと突っ込んで書いた記事はこちら。

おススメ記事:高嶺の花 千葉雄大演じる宇都宮龍一の演技を3倍楽しむ3つの方法

高嶺の花の4話で、龍一から家元と結婚するのが自分の運命だと言い放たれたななは、それまでの姉のももに対するコンプレックスから自分を解き放ち、家元の継承権をももから奪う決心をします。

「私が家元になったら……それが運命なのね?」

そう言って龍一を見つめる目には今までの「控えめで可愛い」ななではだせない「自分をコンプレックスから解き放ち、決意を決めた強い女」の光が宿っていました。

この瞬間、芳根京子さんが演じている女の性格が完全に変わりました!

それを表現した芳根京子さんの演技力は素晴らしいですし、好きな相手を奪うために決心したななの強さに思わず引き込まれました。

龍一となな、こちらの2人の展開もとても楽しみな高嶺の花です。

追記:

8話にて龍一と母親のルリ子の密会現場を見せつけられてしまうななちゃん。

見てしまったのではなく、見せられたところがかわいそう…

全てはななを家元につかせるための市松の策略だったんですね…

詳しくは

高嶺の花の感想 芳根京子が龍一(千葉雄大)と幸せになるには?

知れば知るほど市松の嘘の深さと、腹黒さに圧倒される高嶺の花…

1話2話くらいではあくまでも脇役なのかと思いきや、がっつり作品の根幹に関わってくる超重要なキャラであることが判明してきました。

最終話までに、あと誰が市松によって不幸になってしまうのか!?

全てはお家元たる市松の気分次第です!

Sponsored Link

 

派手な美人の石原さとみと素朴な可愛らしさの芳根京子の演技に注目

ドラマ「高嶺の花」は視聴率女優の石原さとみさんと、朝ドラ主演女優の芳根京子が姉妹で共演するという大変贅沢なドラマになっています。

二人のファッションにも注目です。

1話で石原さとみさんが着ていた青のワンピースや、芳根京子さんがもっていたCOACHのバッグなどは放送後すぐさま反響をよび、速攻で店頭から消える、ネット販売も完売…というような現象が起きています。

売れっ子女優は衣装一枚にしても影響力が凄まじいですね~。

派手な美人と控えめな美人、ドラマの設定にピタリと合わせた演技が素晴らしい石原さとみさんと芳根京子さん。

最終回にむけて、この美人姉妹がどうバトルを繰り広げるのか、楽しみでなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です