恋のツキ最終回ネタバレ感想 神尾楓珠の演技が上手すぎて怖い!

徳永えり 恋のツキ

徳永えり主演ドラマ恋のツキ最終回感想です。

 

 

 

体調を崩して入院してしまったワコの病室で土屋とイコくんが鉢合わせした11話でした。

徐々に肉食系男子になりつつあるイコくんを神尾楓珠さんが見事に演じていますよね。

というか11話に至ってはもはやちょっと危険なレベルに達しているワコとイコくんです…

ハッピーエンドの匂いが全く感じられない恋のツキですが、さて…

最終回でイコとワコはどうなってしまうのでしょうか?

 

 

 

原作の漫画とは違ったオリジナルストーリーに突入していきます。

Sponsored Link

 

恋のツキ 最終回感想 ワコとイコくんの未来は?

相変わらず伊古との関係を続けるワコですが世間の風当たりは強いですね

伊古の同級生のサカキ(今泉佑唯)は伊古がはるかに年上のワコと付き合っていることを受け入れられないどころか、警察に通報するよ? とワコに脅しともとれるセリフを言うほどの嫌い方です。

ドラマ版は原作の漫画とは違った最終回を迎えるのでしょうか>

正直全く先が読めません。

まあ15歳の高校生と結ばれるというエンディングはなかなか考えづらいので、破局とはいかなくても、もしかしてちょっとふわっとした終わり方になるかもしれませんね。

しかも毎回エンディングで流れていた沖原監督作品の「感情のない海」に出演していた女の子(山田愛奈)とユメアキが出会うような描写が予告トレーラーにありました。

現実の世界と作中の映画「感情のない海」はもしかしたら何かリンクしているのかもしれませんね…

追記:予想は50点てとこですかね…ワコの心情を描写してるのでした…

正直「感情のない海」はそれ単体の映画として見てみたいくらいの作りこみなんですよね…

まさかまさかのスピンオフの映画公開なんていうこともあるんでしょうか…

もしスピンオフで映画となったらこれはこれで見てみたいですね。

最終回の感想:

最終回のタイトルが「感情のない海」でしたね…

この感情のない海って、単独ですごく見てみたい映像なんですよね…

ここまでくると、原作の漫画とはだいぶ違ったオリジナルのストーリーになっているんでしょうね?

最終回は現実感がほとんどない、ワコとユメアキの「二人だけの国」みたいなシーンが続きます。

桟橋のワコとイコくんのシーンはとても引き込まれました。

2分くらいノーカットでとってますね、長い…けどこのシーン凄くいい…

「感情のない海」とワコの心情が見事にリンクしていましたね。

感情を失った少女(山田愛奈)が桟橋から海に入水…

そして月が落ちてくる…

でもこれは世界の終わりではなくて、始まりなんだ…という映画の描写がワコの心模様を映しているんだと、気が付くようにうまく誘導していて、劇的にアーティスティックな終わり方になってます!

日本でロケしているのに、これだけ「この世の果て」みたいな退廃的な雰囲気をだしてくるって、これすごいな~。

「恋のツキ」の最終回はすごい表現力ですね。

ゴールデンの時間帯のドラマのような、話題性も派手さもありませんでしたが、「ディーリー」と並んで、夏ドラマの中でも得に秀逸な作品だったと思います。

でも最後にふうくんがハニートラップを仕掛けてきた女性(小倉優香)としっかり一緒になっている描写があって、結局ふうくんは色気に落ちたんだな…と妙に納得してしまいました。

神尾楓珠

イコくん役の神尾風の演技が上手すぎた!

注目若手俳優の神尾楓珠さんはこれまでも石原さとみさん主演ドラマ「アンナチュラル」にゲスト出演したりはありましたが、がっつりとドラマのレギュラーというのはこれが初めてだった見たいですね…

追記:

「監獄のお姫様」と「シグナル」に出演してましたね…すいません…

しかもドラマの役柄が16歳も年上の女性と恋愛をするというとても難しい役柄でしたね。

この作品を経て俳優としてまた一回り大きく成長してほしいですね。

パッと見ると柳楽優弥さんに似た感じのイケメン俳優さんですし、この先の活躍が大変楽しみです。

なかなか19歳でこれだけ強烈な撮影を経験することもないでしょうからね…

 

 

徳永えりさんも連ドラ初主演ということで注目を集めました。

同じクールで「ケンカツ」こと「健康で文化的な最低限度の生活」の定食屋の女将役でも出演されていましたが、この二つの作品の役柄があまりにも違いすぎて驚きです。。。

恋のツキの方は一貫して自分に自信のない社会的弱者の女性を演じていましたが、ワコの醸し出す弱い感じが見事に表現されていて、それがリアルな作品という評判につながった感じです。

そして後ろめたさを隠しながらも恋に溺れていくワコの演技、めっちゃ良かったですね…

さすが朝ドラに3回も出演されてるだけあって演技派女優の片鱗を見せつけましたね。

神尾風樹の最終回直前の演技は怖いくらいだった…

最終回こそ、楽しそうにデートするシーンが久しぶりにあったりしましたけど、直前の伊古はワコを独占したい欲望が強すぎて、怖いくらいでしたね…

ワコの職場にまで行ってしまうという…

最初は草食系の可愛い高校生を演じていた神尾楓珠さんでしたが、中盤以降ぐんぐんユメアキが肉食系に変身して、1話と10話ではまるで別人でしたからね…

有村架純さん主演ドラマ「中学聖日記」で芸能界デビューした岡田健司さんが注目されてますが、神尾楓珠さんも同じ19歳(2018年現在)だし、若手の俳優さんの台頭っていいですよね。

恋のツキ、1話から書いてきましたが、正直NGワードが多すぎて、執筆にはかなり気を付けなければならず、大変でした…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です