黒木華…ぶすなのに可愛い説は誤報!出所は?凪の演技は上手いのに…

黒木華, 可愛い, 凪のお暇, 髪型

女優の黒木華さんの最新出演ドラマ「凪のお暇」もう見ましたか?

管理人は1話を見てびっくりしましたよ!

さらさらストレートな髪型のOLを演じた黒木華さんめっちゃ可愛くないですか?

黒木華さんてこんなに可愛かったっけって思っちゃいました。

黒木華さんを検索すると、「ブスなのにかわいい」って言う表現がチラチラ目に入るんですよね。

ブスなのにかわいいってそれどういうことなんですかね?

噂の出所を探ってみたら、意外な事実が!!

笑っちゃうものから腹が立つものまで!

黒木華さんのファンは、ちょっとでいいから見てってくださいね?

ちなみにネットの反応は7:3で黒木華さんの可愛い派が多数です。

管理人は、黒木華さんの特に口元が可愛いと思うんですよね。

Sponsored Link

 

黒木華のぶす説…なぜ広まった?

結論から書くと、黒木華さんの「ブスなのに可愛い」というワードは直接的には存在しないです。

ただし、これの出所はツイッターです。

AIが黒木華とブスのワードが多いので拾ったんだと思われます。

しかし、これもよく見るとありがちなAIの誤認識も重なっているんですけどね…

バイブスのブスと黒木華…可哀そうwww

まあ下のツイートをご覧あれ。

これは笑えるwww

ツイートした側にはなんの非も意図もありませんが、AIって奴は!!!

「バイブス」のブスを拾うなよAI!!

しかもこの黒木華さんとバイブスがかかった記事やツイートがけっこう多い…

これは風評被害のレベルでは?

黒木華のブス説…可愛くない!じゃないのがミソ

黒木華さんがブスだという意見ですが…

黒木華可愛くない

じゃないところがポイントです

このパターンの9割が経験上

黒木華さんが可愛くない!

ではなく、黒木華さんて可愛くない?

という共感を訴えたパターンをAIが誤認識してサジェストワードに

黒木華 可愛くない

がでてきてしまうというものです。

管理人はこれまでも…

杉咲花 可愛くない

永野芽郁 可愛くない

などのキーワードを目にしてきました。

それらは全て「可愛くない?」 が真相でした。

でも黒木華さんの場合は「可愛くない」ではなく「ブスなのに」という前代未聞のワードが出現しているわけで…

これは黒木華さんが今まで演じてきた「ちょいブス」な女性の演技の印象が強すぎて、(管理人も含めて…すいません)

黒木華さんは演技はめっちゃ上手いよね…ちょいブスだけど…

的な感覚だと思いました。

おそらく今後は黒木華さんってめっちゃ可愛くない? というツイートが激増すると思われ、近い将来必ず黒木華、可愛くない、というタイトルの記事が溢れると予想します。

しかもチリチリな髪型(若い頃の井上陽水みたいだ)にスッピンメイクもこれはこれで可愛いです。

もしかしたら世の中が、不自然な涙袋に同じようなメイクのアイドルの顔に飽きつつあるのかも…

管理人は激飽きです!

「黒木華さんがブスなのに可愛い」出所はツイッター

黒木華、ブス、(書いてて嫌だ…)のワードの出所はツイッターだと思います。

今でもかなりのそれに該当するツイートがまだ残ってますね。

こんな感じでしょうか?

ブスなのに可愛い」というダイレクトな表現は見当たりませんでした。

AIは色んなワードの拾い方しますからね。

まあ黒木華さんをブスだと思ってる人も一定数いて、可愛いと思ってる人も一定数いますが、管理人の感じだと7:3で黒木華さんは可愛い派が多い気がしてます。

最近増えたのでは?

Sponsored Link

 

黒木華の「凪のお暇」の髪型天パーの独身、無職、28歳…のブス女の演技が上手すぎるwww

この記事を書いている2019年の7月現在、黒木華さんが主演して超絶話題になっているドラマ「凪のお暇」

見ましたか?

会社では空気を読むことに必死になり、周りの合わせ、彼氏の真司(高橋一生)にも尽くしてきた凪が、ひょんな事からぶっ壊れ会社を辞め、新しい土地で新しい自分と向き合う…というありがちな設定のドラマ…ですwww

しかしこのありがちなドラマをマックス面白くしているのが、黒木華さん、高橋一生さん、中村倫也さん、そして圧倒的な存在感で老婆を演じている三田佳子さんなど、役者陣だと強く思います。

1話は天然パーマのくせっ毛を毎日朝1時間かけてサラサラストレートヘアにしている凪の努力が描かれました。

で、そのサラサラストレートヘアの黒木華さんが、めちゃ可愛くてビビりました!

あれ? こんなに可愛いっけ?

そう思った人は管理人意外もそこそこいたはず…

黒木華さんは「可愛い女性の役を演じればバリ可愛い」ということ。

逆に言えば、今まではあまりにも「ちょいブス」な役のオファーが多すぎて、そしてその女性を演じるのが上手すぎた…というのがこの記事の結論。

 

黒木華…可愛いのに「ちょいブス役の演技」が上手い!

黒木華さんの演技って、凄く印象に残りますよね…

主役じゃなくて、2番手3番手のポジションでもグリっと存在感がにじみ出てくる黒木華さんです。

黒木華さんは映画やドラマなど、出演作品が多すぎて全部は到底視聴していませんし、ちょっとカバーしきれませんが…

でも管理人が独断と偏見で「黒木華さんのブス役なのになぜか可愛い!」と感じてしまったドラマの演技、厳選して2つ選びました。

黒木華のぶすなのに可愛い演技①まほろ駅前番外地8話

まほろ駅前シリーズってご存知ですか?

原作は小説ですが、俳優の瑛太さんと松田龍平さんのコンビが町田市をモデルにした架空の街「まほろ」で何でも屋(便利屋)を営んで…という地味ながらも強烈な印象を残した映画&ドラマです。

2013年の3月からの放送でした。

「まほろ駅前番外地」はドラマ版で、管理人は毎週ガン見してました。

その8話で黒木華さんがゲスト出演していたんですね…

Wiki情報によれば…(ごめん!)まほろ駅前番外地に出演したのは朝ドラ「純と愛」「花子とアン」「西郷どん」「真田丸」に出演した直後で(めっちゃNHKやん!)この頃はまだあまり認知されていない(管理人は完全に誰?状態でした)わけで…

この「まほろ駅前番外地」8話の黒木華さんは強烈なヴィジュアルと表現力で、完全に一回で顔は覚えましたねwww

で、その時ガチマジで思ったのが…

「強烈に演技うまいな~この娘…ちょいブス感が説得力ある!」

でした。

これはね、ホントに強烈なインパクトでしたよ。

婚約していた彼氏と婚約指輪を「ぱっと見美人なブス」に強奪されたから…

せめて(自分の指のサイズで制作された)婚約指輪だけでも取り返してほしい…

それが黒木華さん演じる女性の多田便利件への依頼です。

脚本も秀逸で、黒木華さんと瑛太さん、松田龍平さんの掛け合いが素晴らしくて…

8話のラストは圧巻の黒木華SHOWでした。

瑛太:で、あいつどんな顔してた?(こんな感じのセリフだったはず)

そしたら黒木華さんが…

黒木華 まほろ駅前番外地

ヴィジュアルだけでも…控えめに言って…最高です!

「ぱっと見美人なブス」に彼氏を乗っ取られた「見た目が超地味な女子」という設定がハマりにハマってました。

あの「ちょいブスな感じ」の役をなまじアイドルや元アイドルの「可愛い系」に演じさせてもリアリティでなかったでしょうし…

ドラマって美人だけで成り立つものじゃありませんからね…

ブスキャラっていうか、ブスな女子役も必要なわけで…

視聴者が満場一致で「ちょいぶすだな~」と納得できる「ぶすな女子の演技」ができる女優さんってすごいですよね。

ひと昔前なら室井滋さん…(ご本人談)

今ならダントツで黒木華さんがドラマ制作現場の圧倒的「ちょいブス女子」のニーズに応えているってことでしょうね。

ちなみに室井滋さんは20代の頃、圧倒的な「ちょいブス女子」のニーズに片っ端から「満額回答の演技」で答えていたところ…

ある日お稽古の台本に自分の役の女性のセリフに脚本家が直筆で

「吐き気を感じるくらいのブスな女が立っている」(たしかこんな感じだったです)

と書いてあって、さすがにガチで凹んだ…そうですよwww

「吐き気を感じるぶすな女」って酷い演技指導ですが、室井滋さん…へこみつつもニーズに応える演技をしてたんですね…

黒木華さんの「ちょいぶすな女子」の役も、やっぱりそういうニーズに応える「ぶすな演技」なんですよね。

ぶすなのに可愛い…

これは「演技派の女優」にしか当てはまらない表現かもしれませんね。

黒木華のぶすなのに可愛い演技②獣になれない私たち

新垣結衣さん主演のドラマ「獣になれない私たち」に黒木華さん出演されてましたね。

このドラマは管理人かなり楽しみにしていたのですが、正直かなりがっかりな作品になってしまいました。

黒木華さんが演じたのは、会社をクビになり元カレに別れを切り出されたものの、どこに行くあてもなく仕事もなく、元カレのマンションに余念間も居座り続け、化粧もせずパジャマのままで毎日毎日ゲームをすると言う、グダグダでダメダメなアラサー女子…の役でした。

黒木華さん、またまたこんな役www

ダメ女、イタ女、の役が上手すぎるのか、制作のニーズに応えまくる黒木華さんですwww

しかも演技が上手いから、微妙にちょっとムカついたりするんですよねwww部屋出ていかないし、働かないクセに自己主張はしっかりだし!

けもなれでも黒木華さんは、不幸な女子…と言う脚本家のニーズに圧倒的な演技力で答えていましたよね。

会社でこき使われ、言いたいことも言えず、日々の生活の中ですり減っていく新垣結衣さん演じる美人女子の晶に、

あなたなんてまだマシじゃない?
世の中あなたよりも辛い人間なんていくらでもいるわよ…的なセリフもあり…

ガッキー演じる晶が色々考えるきっかけになる…キーパーソンだったわけなんですが…

正直、「けもなれ」はつまらなくて7話くらいで離脱しちゃいましたwww

黒木華さんが演じた

4年間も元カレのマンションに引きこもって、仕事もせず、化粧もせず、髪もぼさぼさのままただひたすら現実逃避してゲームするイタ女…

しかし物語が進んでいくうちに、だんだん可哀そう…というか、可愛く思えてくるわけです…

こっちが主人公だったらもう少し面白かった…のでは?と勝手におもいますね。

ぶすなのに…という印象を視聴者が抱いてしまうのは、やたらに表現が上手いし、演技が上手いから引き込まれて見てしまう…だけど美人ってほどじゃないんだよね…

ていうか、ぶすなのに…可愛い。

やっぱり黒木華さんはぶすなのに可愛い…とか言われちゃうのはブス役の演技が上手すぎるのと、やたらに存在感があって目立つ…

けど顔のパーツパーツはなんか現代っぽくなくて、昭和っぽいんだよね…

こんな感じじゃないですかね?

ぶすなのに可愛いは、やっぱり黒木華さんの存在感の大きさや演技のうまさからくる、視聴者が思わずつぶやいてしまうワードのようですね。

でもね、「凪のお暇」の1話で披露したサラサラストレートヘアの黒木華さん、めっちゃ可愛かったよ?

ちょっとびっくりするくらい可愛かった。

そりゃクソ野郎の慎二(高橋一生)もマジ惚れするっつーの。

Sponsored Link

 

黒木華は…特に口角が可愛くないですか?

黒木華さんは口、特にニッと笑った時の口の角度(口角)がとても可愛いと思いました。

キレイなハート型になるんですよね…

昔、この形のキレイなハート型の口は鶴田真由さんだったんですけどね…(ちょっと古いね…)

口元がチャーミングは強烈なアピールポイントですよね。

ちょいブスな女性役を一手に引き受けてきた黒木華さんですが、そろそろ可愛い女性役で注目される頃かもしれませんね…

色んな役ができるので、演じる役によってイメージがガラリとかわると思います。

女優の名前と「可愛い」だけだとドラマはつまらない

個人的に、女優さんの名前と「可愛い」しかキーワードがないドラマはつまらない場合が多いです。

それ以外にSNSで検索されているワード、つぶやかれているワードが乏しいという事の裏返しです。

「大恋愛」というドラマに戸田恵梨香さんが出演した時は、「可愛い」以外でも 尚ちゃん 痩せすぎ ムロツヨシ 仲良し 演技 アドリブ 結婚 髪型 メイク…などなど、大量のキーワードが生まれました。

これだけのワードが大量にSNSにでまわっている証拠で、ドラマが盛り上がりを見せている証拠です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です