岡田健史…新人俳優の演技は上手い?高校では野球部と演劇部に所属!

岡田健史

新人俳優の岡田健史さんの記事です。

有村架純さん主演ドラマ「中学聖日記」に出演します。

2018年に高校を卒業したばかりの超新人俳優がいきなりドラマ出演にはどのようないきさつがあるのでしょうか?

事務所がいわゆる ”ゴリ押し” したのでしょうか?

果たして演技はできるのでしょうか?

出身地や出身高校などわかっていることを紹介します。

Sponsored Link

 

岡田健史の出身高校は創成館? スカウト前は野球部【画像】

新人俳優の岡田健史さんは2018年の春に高校を卒業したばかりです。

1999年の5月12日生まれですからね、まだ19歳です。

正式にどこの高校の出身かはご本人は言及していませんが、ネットでは出身高校創成館高校ではないか? と噂になっています。

というのも、創成館高校の野球部のキャッチャーがめっちゃイケメンだというのは、けっこう有名だったらしく、そのキャッチャーの画像を見る限り、岡田健史に激似なのです。

名前は水上亘司という名前なんですが、もしかしたらこれが本名では? とも言われていますね。

ご本人の可能性はありますね。

あくまでも非公式な情報ですが…

水上亘司

有村架純さん主演ドラマ「中学聖日記」の黒岩晶役はオーディションで決定!

中学聖日記は教師である末永聖と生徒である黒岩晶が禁断の恋に落ちるという、数ある恋愛劇の中でももっとも表現の難しいテーマを扱ったドラマだと思います。

その難役の役者さん選びは実に1年にもおよぶオーディションの末に選ばれたんだとか。

岡田健史さんは確かに半年前までは高校野球に没頭する高校生だったかもしれませんが、スカウトされて芸能界入りしたみたいですね。

ちなみに野球部を3年の夏に引退した後に演劇部に入部していたとのことで、アマチュア演劇の経験はあるようです。

しかしながら、事務所の力関係などで押し込まれてこの役をもらったわけではなく、オーディションによる公平なジャッジの結果見事選ばれたわけです。

TBSは「この世界の片隅に」のすずさん役もオーディションで選定し、松本穂香さんが実写版のすずさんを演じました。

賛否はありましたが、少なくともすずさんのイメージには見事にハマっていました。

やはりオーディションで選ばれた役者さんは、変なことにはならないと思います。

いきなり朝ドラ女優の有村架純さんの相手役…という超大役に挑戦することになった岡田健史さん、頑張ってくださいね!

Sponsored Link

 

イケメン新人俳優…岡田健史の演技力は?

1年にもおよぶオーディションで「中学聖日記」に選ばれた新人俳優の岡田健史さん…

果たして演技力はどうでしょうか?

正直演技初挑戦の新人に高い演技力を求めるのは野暮かもしれません…

それよりも演技経験ほぼゼロでオーディションで選ばれたからには、なにか見るものに訴えるものをもっていたと理解した方がいいかもしれません。

こればかりは見てみないと…ですね。

ドラマの役、黒岩晶役がピッタリとハマるからこそオーディションで選ばれたわけですし、どのような演技をするのかとても楽しみです。

イケメン俳優…の肩書に「実力派」とかいう形容詞がのっかるようになってほしいですね…中村倫也さんとか、山田孝之さんの「カメレオン俳優」みたいに。

また若くて新しい俳優さんがでてきたことがとても嬉しくもあります。

Sponsored Link

 

5話以降は高校生を演じることに…

中学聖日記…というタイトルからも、中学生役を演じてきた19歳の岡田健史さんですが…

なんと!5話以降はドラマの中の設定で3年が経過した後の世界が描かれるという事で、まさかの18歳に成長した晶を演じる事に!

もしかしたら、最終回では20歳を超えた設定の晶と聖が描かれたりして…

もしかしたら、そういう理由でオーディションでも15歳の役を19歳の岡田健史さんに託したのかもしれませんね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です